デジカメ情報.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメ情報.com

デジタルカメラに関する情報を中心に思うままに紹介していきます

富士フイルムの中判ミラーレスGFXの高感度サンプル画像が掲載

富士フイルム

cameralabsにGFXの高感度画像が掲載されています。

f:id:StrawberryNews:20170127115850p:plain
Fujifilm GFX 50S quality | Cameralabs


f:id:StrawberryNews:20170127115901p:plain

f:id:StrawberryNews:20170127115913p:plain

・本の表紙や細かい傾きのテクスチャがすばらしい
・ISO100から400の間では素晴らしい解像感が保持されていると言いたい
・ISO1600では見た目のテクスチャや鮮明度が低下してきている
・画質が大きく落ち込むのがISO6400からで細部がかなり濁っている
・最大感度のISO12800では解像度が大きく下がり、画質が大幅に劣化している
・最高の画質を得るためにはISO100〜400を使用し、必要であればISO800までは使用可能だろう
・ISO1600では未だ画像はいい方だが、このカメラを使う利点を失い始めるだろう

高感度の画質に関しては正直それほど驚くべきものがありませんでした。
ただ、低感度の解像感は素晴らしいものがありますね。
記事にもある通り、高感度を多用するような用途であれば、あえてGFXを使う利点は無いのかもしれません。
それほど、現在の画質というものはセンサーサイズはもとより、ソフトウェアによる仕上げも重要なところなのでしょうか。

スポンサードリンク